私たちについて

We are Biogold

生きた土壌をつくり植物本来の力を引き出す

Our History

OurHistory
地球を守るにつながる製品の開発が私たちの歴史です

バイオゴールドの歴史は
自然の力を借りた地球に優しい製品の開発で、
社会の役に立つことを目指す環境微生物研究所から始まります。

OurHistory
1970年頃 製品開発の原点となる微生物の研究を始める
1981年頃 応用微生物学の権威山口和夫博士(茨城大学名誉教授・当時)との共同開発がスタート
1983年頃 バイオゴールドの源となる菌(微生物)を発見
1986年頃 バイオゴールドの前身となる 天然活性材が誕生この製品が後に改良を重ね
「クラシック元肥」「バイオゴールドバイタル」へと進化
1987年頃 村田久造氏(九霞園•初代園主)との共同開発がスタート

History01

原点は弱った樹木の樹勢回復


1970年代、「松枯れ病」が日本各地に蔓延し社会問題に。 この危機にバイオゴールドの前身となる活性材を使い士壌を改善して傷んだ根を再生し、自然治癒力や免疫力を高めて再生させる方法が樹木医たちに広がりました。 松をはじめ、樹齢1500年にもなる桜の古木や神社の神木が次々と復活。多くの人を驚愕させました。 OurHistory

History02

盆栽の神様 村田久造氏との共同開発


活性材の実績が評判を博すと、盆栽の神様と呼ばれる村田久造氏から「裏庭に群生する赤松が松枯れの被害に合い困っている…」と相談がありました。 村田氏(九霞園)を訪ね、活性材を施すと松はみごとに復活。感嘆した村田氏は、長年温めていた盆栽肥料の構想を私たちに語り、 そこから村田氏の理想の肥料をかたちにする共同開発が始まりました。 OurHistory

History03

最初のお客様は宮内庁 現在BONSAIと共に世界へ


共同開発により完成した肥料「パイオゴールドオリジナル」を最初に使用したのは”宮内庁の盆栽”。 皇族や政界人の盆栽管理をしていた村田久造氏により、何百年もの歴史をもつ盆栽に使われました。 誕生から30年以上たった今では、世界BONSAI愛好家から必要とされ、22ヶ国と文化的交流を拡げています。 OurHistory

バイオゴールドをつくる人

make-biogold
職人×R&D センター×品質管理者
職人
職人

リピーターこそが職人の誇り

五感と経験が導くものづくり

発酵は気まぐれだ。その日の気温や湿度の影響を大きく受ける。昨日と同じ方法は通用しない。職人は、研ぎ澄まされた五感と確かな経験により発酵の状態を見極め、 作業工程を決める。高い品質を維持するためには、手間をかけるほか道はない。そして、唯一無二の三角の形状も職人の高度な技術により実現している。 「買った人が効果を実感しなければ、次は買ってはくれないからね。だからリピーターが増えることは励みになる」と語る職人。彼の意識は常にユーザーに向いている。 ユーザーの満足度を表すリピーターの人数こそが職人の誇りである。

R&D センター
R&D センター

すべてはお客様のために

最高の肥料を届けるために

職人が手塩にかけたバイオゴールドの成分を分析することで品質を保証する。 確かな製品を届けるために欠かせない仕事だ。加えて、バイオゴールドのより効果的な使い方、効力を十分に発揮できる土壌環境やバイオゴールドの効果をさらに引き出すための探求も彼らの仕事である。研究室には、日照や温度、湿度が調整できる様々な試験用設備があり、植物と環境の関係が研究されている。 肥料は使い方や使う環境によって効果が変わることがある。特に土壌環境は、その大きな要因の一つだ。ユーザーから効果についての問い合わせがあれば現地まで飛び土壌調査を行い、土壌改良や肥料の使用方法を提案することもあるという。 またときには販売店の売り場に立ちユーザーの生の声を聞き、ときには施工現場に立ち合い現場の実態などを直接体験し研究に活かしている。店舗に立ったり現場に出ていく理由を問うと 「購入していただいたお客様にストレスをかけずに植物を楽しんで欲しいから」と彼らは答える。「すべてはお客様のために」。それがR&Dのスタンダードなのである。

  • R&D センター
  • R&D センター
  • R&D センター
  • R&D センター
  • 研究室内には人工気象器・顕微鏡・分析器等の設備がある
  • 屋外には農場があり様々な植物の試験が行われている
品質管理者
品質管理者

地道な仕事が信頼を勝ち得る

最高の肥料を届けるために

バイオゴールドは徹底したロット管理を行う。サンプルは長いもので3年間保管するという。管理者はロットごとに手触り、匂い、色をみて品質を確認するが この境地にたどり着くまで3年かかったと話す。品質管理者とR & Dとの連携こそ、バイオゴールドの確かな品質を実現している。 加えて、原料の質の管理も行う。天然素材がゆえにともすると品質にばらつきが出ることもあるため、原料を現地まで確認に行き、供給者との信頼関係を高め常に最高のものを仕入れる努力を怠らない。ユーザーに最高の肥料を届けることは品質管理に課せられた大事な仕事だ。この地道な仕事こそがバイオゴールドの信頼の証となる。

  • 品質管理者
  • 品質管理者
  • 品質管理者
  • 生産現場からロットごとに抜き取られたサンプルが保管棚を埋め尽くす。
  • バイオゴールドの土や大地肥の原料となる腐葉土は特に安定品質を仕入れるのが難しく、現地確認が欠かせない。

バイオゴールドの一貫体制

system-biogold
責任ある製品をお届けしたいから”自分たちで”を基本にしています

安全で高品質な製品をお届けするために、
研究開発からアフターフォローまで各部門で
社内規格や仕組みの整備・見直し・強化をおこなっています。

system-biogold R&Dセンター

素材研究、自然科学・植物生態学、使い方・安全性の研究などがおこなわれています。製品開発をはじめ、科学的裏付けに基づく情報発信・お客様サポートの強化に取り組んでいます。

system-biogold デザイン部

R&Dセンターやお客様サポートセンターと連携して、必要な情報を見やすく・わかりやすく伝えるためのデザイン制作や包材の選定などをおこなっています。

system-biogold 製造管理部

原料・容器の受け入れから製造・充填・包装・出荷までを担います。品質規格に見合う製品の製造はもちろん、製造ラインの保全・修理・合理化の考案などにも常に取り組んでいます。

system-biogold 調達・品質管理部

安全で高品質な製品提供のための品質検査基準の策定をはじめ、サプライヤーと協力し原料の品質向上の取り組みやサンプルを管理してトレーサビリティの確保もおこなっています。

system-biogold お客様サポートセンター

お問い合わせ・ご意見・ご感想・ご要望などのお客さまの声をお受けする窓口です。いただいたお声を社内に共有し、製品開発やサービス向上につなげています。

製法へのこだわり

about-us-tub-method-biogold
天然素材×微生物×職人の五感
バイオゴールドはその日の気温や湿度等に影響を受け変化する繊細な天然素材を原料としているもの、さらに自然に存在する菌(微生物)の働きを活用したりしてつくられるものがあるため、その生産の全工程をオートメーション化することは不可能です。

製品の品質に欠かせない発酵や熟成は、機械では決して見極めることはできません。必要なのは、熟練した職人の経験。研ぎ澄まされた職人の五感が絶妙な熟成やブレンドの製品をつくりだしています。

method-storyIMG

method-storyIMG

変わらない粒

バイオゴールドの粒の形状は唯一無二の三角形。盆栽の神様と呼ばれた村田久造氏のアイディアから生まれたかたちです。粒の形状を三角形にしたことで、水やりのときに粒が転がることを防ぎます。小品盆栽や春蘭や富貴蘭のような小さな鉢の上でも安定しています。

さらには三角屋根のように水を上手に受け流し、すぐに溶けてしまうことも防いでいます。このように多機能な三角形ではありますが、じつは充分に発酵し粘りけがなくなった有機肥料を凝固剤やつなぎのような材料を使わず、圧力だけで固めることはとっても難しいことなのです。 発酵があまければ効果の面で問題がおこり、発酵が進みすぎると成形が困難になるため、職人はちょうど良い発酵度合いを見極めなければなりません。 また理想の溶け具合を実現するためには圧力のかけ方がとても重要。強すぎる圧力では粒の長さにばらつきが出すぎてしまい、弱すぎる圧力では粒がすぐに崩れてしまいます。肥料の粒をじーっとながめてみてください。

ちょっと角が欠けていたり、長さがほんの少しちがったりしているかもしれません。 それは、どんなに手間がかかっても植物本来の力を引き出すために余計な材料は使用せず、圧力だけで固めた証です。

method-storyIMG

method-storyIMG

熟成の一滴

丁寧に発酵させた天然原料が職人によりタンクに仕込まれ、微生物の働きによって幾度もの発酵をくり返し熟成を重ねると、琥珀色の液体に変化します。この液体こそがバイオゴールドの中でもっとも歴史の古い製品「バイオゴールドバイタル」です。

製造工程は、ブドウを発酵・熟成させつくられるワインと酷似します。職人は発酵・熟成の様子にこまめに目を配り、手を尽くし管理します。発酵中は状況が絶え間なく変化したり、微生物が予想できない働きをしたりもするため、折をみてはタンクに耳を傾け発酵音を聞き、 においや色を確かめながらバイタルに寄り添いつくり上げています。
こうしてでき上ったバイタルは、まるでヴィンテージワインのよう。長期保存をしても時間の経過とともにさらに熟成がすすみ深みが増します。 枯れかけた木々をみごとに蘇らせ専門家までもを驚嘆させたバイオゴールドバイタル。植物本来の力を引き出すこの熟成の一滴は、バイオゴールドの肥料にも応用されています。バイオゴールドの肥料が単に植物を大きく育てるだけではなく、植物の生命活動を活発化させる効果があったり、 土をふかふかにする作用があったりする理由はここにあります。

method-storyIMG

method-storyIMG

本物の土

土壌微生物が活発に働き、植物が新しい根をどんどん伸ばす土の素材は「本物の土」に限ります。だからバイオゴールドでは、重量の軽さや低価格を重視してつくられる「土にみせかけた素材」はつかいません。 「本物の土」は長い時間をかけ、火山活動や地殻変動を受け、風雨にさらされできたものです。あらゆる生物の生命活動の礎となる力強さをもつ一方で、その粒は物理的に強い力を加えるといとも簡単に粉々になってしまうほど繊細。

また工業製品のようにその重さや形は均一ではありません。こうした繊細でばらつきもある数種の素材をブレンドしてつくられるバイオゴールドの土は、ケミカル製品を大量生産するような大型の機械ではつくれません。 自然が創り出した「本物の土」がもつ性能を壊すことなく、素材の偏りもなく製品化するには、絶妙な力加減で混ぜ合わせていく必要があります。「バイオゴールドの土」は発売当時、生産の全工程を職人が手でおこなっていました。 発売から20年近く経った現在は、ブレンドやパッケージングの一部工程が、職人の手仕事を再現する機械化を果たしました。しかしながら職人たちが、その時々で変化する天然素材に気を配り、混ぜ合わせる力加減や時間を調整するなど、職人の経験と五感は必要不可欠です。植物に最良な生育をもたらす土であるためには、 機械任せではなく人が関わり生産していく。これはこの先も変わらない私たちのあり方です。

こうして大切につくりあげられた化成素材を含まない天然素材100%の土は、大地に返すことのできる品質です。地球環境の保護に取り組むバイオゴールドは、自然の共生サイクルの循環や土壌の生態系を考え、限りある資源の土を大切に製品づくりをおこなっています。

素材へ込める想い

mind-biogold
生きた土壌をつくり
植物本来の力を引き出す製品づくりをしていたら
自然とこのこだわりにたどり着きました
  • 産地を限定・主原料は国産に
  • 選りすぐった本物だけを
  • 多くのものは加えない
  • 無駄なものはつかわない
品質の決め手となる主原料は
信頼のおける生産者から

バイオゴールドは、天然素材をはじめとして一つひとつの原料にこだわっています。 肥料・土・堆肥類の主原料は国産に限定し、担当者が定期的に産地へ向かい生産者さんとコミュニケーションを取りながら原料のクオリティをチェックしています。また、「選りすぐった本物だけを」「多くのものは加えない」「無駄なものはつかわない」ということにもこだわり、安心・安全な製品をお届けいたします。 バイオゴールドを使えば、植物の生長に欠かせない有効菌が元気に活動し、ふかふかな土が生まれ、植物が健やかに育ちます。

mind-biogold
微生物が活発に動く天然素材だからこそ
職人の五感が素材の変化を見逃さない

こだわりの主原料は、職人たちによって熟成されバイオゴールドの肥料や活性液になります。 発酵・熟成には微生物の働きが欠かせないのですが、季節や気温、湿度などによって、熟成具合が微妙に変化します。 その変化は機械では測ることができないほど繊細なものです。見逃してしまえば安定したクオリティを保つことができません。 そのわずかな変化も見逃さないのが、職人の技。手の感触だけでなく、色やにおいなど五感を使って熟成させていき、肥料と活性液をつくり出します。

mind-biogold
さらなる良質な素材を探して緻密で誠実な研究

バイオゴールドの歴史は、微生物の研究をスタートした1970年頃にさかのぼります。そして、植物の生長に微生物が欠かせない存在だということに注目。 微生物が活性化するために必要な要素を追い求めて日々、研究・開発に取り組んでいます。素材研究、自然科学・植物生態学、使い方・安全性などさまざまなアプローチで調査。その膨大なデータを基によりよい製品開発を目指しています。

天然素材、つまり自然の恵みを享受しつづけるためには、地球環境の保全を踏まえたものづくりが欠かせません。ご愛用者様の植物との暮らしや当社の事業活動を将来にわたり持続させていくためには、科学的な裏付けに基づいたものづくり、情報配信、お客様へのサポートが必要です。これらに対して真摯に取り組むことは、お客様が植物を枯らさずに元気に育てることにつながり、天然素材を原料とする企業の社会的責任を果たすことにもなり、SDGsにもつながると信じています。

バイオゴールドと環境・交流文化

global-biogold
地球にやさしいバイオゴールドは
ますますグローバルに展開しています
バイオゴールドと環境

持続可能な開発目標

私たちの事業活動は限りある天然資源を主な原料として成り立つため、 製品をとおして地球環境の保全に貢献することが当然な社会的義務と考えています。 サスティナブルファーティライザーのパイオニアとして世界に認められる製品開発をおこなうため以下の環境方針を定めています。

製品開発における環境方針
1. 不要な化学処理をおこなわず自然環境に還せる持続可能な製品開発をおこなう。
2. 原料は主に国内調達、生産工場は日本国内に限定し、輸送による環境負荷を軽減する。
3. 植物を育てるための土壌環境を整え環境微生物の力を引き出すことで土の能力を向上させ、資材の使用量を減らし、環境負荷軽減に貢献する。
4. 誰でも簡単に植物を長く育てることができる製品を提供することで、CO2排出軽減や枯れた植物の焼却処理などの環境負荷軽減を目指す。
5. それぞれの土地の土を活かす土壌改良材や捨てずにすむ用土の開発をおこなうことで、有限の天然資源である土の持続可能性に取り組む。

バイオゴールドには有機JAS資材評価協議会(OMJ)の認証を受けた

天然素材のOMJシリーズがあります。

OMJ認証資材は、農林水産省が定めた認証機関が共同で運営している有機JAS資材評価協議会により有機JAS規格農産物に使用することができると認証された資材です。有機JAS規格では、農畜産業に由来する環境への負荷を低減した持続可能な生産方式の基準を規定しています。

global-biogold
バイオゴールドと文化交流

世界が称賛し、ますます飛躍する優れたバイオゴールドテクノロジー

現在、27カ国とビジネスを通じ、その交流も拡がっています。 2021.09.03現在

global-biogold

●ドイツ連邦共和国 ●ベルギー王国 ●オランダ ●イタリア共和国 ●イギリス ●フランス共和国 ●チェコ共和国 ●スイス連邦 ●スペイン王国 ●ロシア連邦 ●アメリカ合衆国 ●ブラジル連邦共和国 ●アルゼンチン共和国 ●中華人民共和国 ●大韓民国 ●台湾 ●ベトナム社会主義共和国 ●マレーシア ●インドネシア共和国 ●フィリピン共和国 ●オーストラリア連邦 ●ニュージーランド ●ポーランド共和国 ●ポルトガル共和国 ●トルコ共和国 ●スコットランド ●カナダ

放射性物質の安全性に関する取り組みについて

safety-biogold

バイオゴールドでは、東京電力福島第一原子力発電所の事故以来、安全な原料の確保をおこなうとともに、原料および製品の放射性物質の自主検査を実施し安全性の確認に努めております。

2012年度より続けてきた全ロット検査では自主基準(※1)100ベクレルに達したことはなく、すべて検出限界値以下程でありました。 バイオゴールドではこれからも皆様に安心をご提供できるよう引き続き自主検査をおこなってまいりますが、検査内容は2018年7月より以下の通りに改定いたします。

放射性物質検査内容

検査対象物質 放射性セシウム
測定器 NaI(Tl)シンチレーションスペクトロメーター(※2)
自主基準値 100ベクレル
検査対象製品
および検査頻度
バイオゴールドオリジナル/月1回抜取検査 バイオゴールドの土・バイオゴールドの土ストレスゼロ/各製品ワンロットにつき1回抜取検査

※1:バイオゴールドでは、農水省が定める培土・肥料の暫定基準値400Bq/kgよりもさらに厳しい自主基準値を設けて安全性の確保に取り組んでいます。
※2:確かな安全性を必要とされる食品(肉・米)の検査でも使われている各種分析器

肥料に含まれるカリウムについてー簡易型の放射線測定器と自然放射線についてー

もともと自然の中には、放射線を放つものが存在します。肥料・土に含まれているカリウムもそのひとつです。 簡易型の放射線測定器では、福島第一原子力発電所の事故による物質(セシウムなど)からの放射線だけではなく、 肥料や土にもともと含まれる放射性カリウムからの放射線量も計測されることもあります。バイオゴールドでは、放射性物質(セシウム134・セシウム137・ヨウ素131)の各々の量がわかる核種分析の測定器を使用し、品質管理をおこなっています。 ご不明点・ご不安点・お気づきの点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Prosite

Prosite

業務用製品・サービスのご案内

FAQ

よくある質問

FAQ
Mail Magazine

Mail Magazine

バイオゴールドメルマガ登録

Contact

お問い合わせ

製品についてお気づきの点や、使い方についてのご質問、
環境にあった土作りについてなど、お気軽にお問い合わせください。


top