クラシック熟成 大地肥

施した瞬間から土を「ふかふか」にする有効菌が働き始めます

クラシック熟成 大地肥

こんなときに使ってほしい

植え付けのときの土造りに
ふかふかな土にしたいときに
弱った樹木の樹勢回復
寒肥として
土壌改善・土壌改良に

スペック

容量 / 価格 土壌改良 バラ・樹木の植え込み 樹勢回復・寒肥
30L 13,200円
(税抜価格12,000円)
3㎡分 (※深さ20cm想定) 約6本分 約6〜10本分
適 用
庭土・花壇の土・大型コンテナの土等/すべての植物
原材料・製法
クラシック元肥・牛ふん・腐葉土等×ナチュラルブレンド製法

特徴

OMJ評価資材 有機JAS別表1適合資材

OMJ評価資材は、(一社)有機JAS資材評価協議会によって、化学合成された肥料・農薬を使用しない「有機JAS農産物」の栽培で使用可能と評価された資材です。

大地肥(だいちひ)とは

土壌環境を新鮮な空気や水を取り込む団粒構造へ改善させる「土壌改良材」です。
植物の植え付け前の土造りや土壌改善に必要とされている腐葉土や牛ふんに「クラシック元肥」をブレンド。さらに、浄化効果をもつ炭を加え、じっくり丁寧に時間をかけ熟成・発酵を重ねた「土壌改良材」。土に混ぜ込むことで土壌の有効菌が活発に働き、土質を団粒構造へと改善し、ふかふかの土をつくります。

固くて掘れない土、雨が降ると水溜まりになる土など、新鮮な空気や水を取り入れることができない環境では植物を健康に育てることは難しいかもしれません。そのため、植物の生育に欠かせない有効菌(土壌微生物)の住みやすい土質である団粒構造へ改善することが大切です。

樹勢回復という効果

土壌微生物を活発化させることで、根から株に力を与え「衰え・老化」を改善します。
バラなどでいえば、年月が経つと株が木質化し衰えや老化がみられ生育が鈍くなる場合がありますが、大地肥を施し土壌から活力を与えることで、新たなシュートや蕾も生まれます。
植え込み前の土造りでは、予め混ぜておくのも効果的。有効菌の働きで健康な土壌では、草花をはじめ植物が長持ちします。

使用方法
大地肥使用方法

基本は、土とよく混ぜて使います。

【土造り・植え込みの場合】
■土造りは全体に大地肥をまき、土と混ぜ合わせます。広範囲の土造りは全体的にまき、鍬(くわ)やスコップなどで攪拌するのが効果的です。深く掘れない場所では土の表面を削って混ぜ込むのも効果的です。
■植え込みは植え穴に大地肥を入れ、土と混ぜてから植え込みます。

【植えてある場合】
株周りを数カ所掘ります。掘った土と大地肥をよく混ぜ合わせ埋め戻します。
バラの場合、株周りに穴を掘りながら根を切ります。樹木の場合、枝先端の真下あたりに穴を掘りながら細かい根を切ります。
>>手順をスライドショウで見る(YouTubeが開きます)

使用量目安

標準量は土質が良好の場合の目安です。下記使用量の参考に土壌の状態が良好なときは少なめに、土質が悪いときや樹勢が衰えているときなどは多めに施します。

土壌〈全体〉改良
対象区 標準量 使い方の基本
広さ3㎡(平米)あたり
(深さ20cm想定)
30リットル 耕運機で全体的によく混ぜる
または坪掘りで混ぜる
土容量1㎥(立米)あたり 50リットル

◆樹木・果樹・バラ・野菜は、一般花卉よりも深く土壌改良をしてください。使用量は深さに準して増やしてください。

土壌〈部分〉改良
対象区 標準量 使い方の基本
庭・花壇・菜園等への植え込み 【草花苗】1苗あたり
1/2リットル(500ml)
植え穴の土と混ぜる
【バラ・樹木】1苗木あたり
5リットル
既に植えてある植物の樹勢回復
寒肥
【バラ・樹木】1株あたり
3〜5リットル
数カ所坪掘りをして土と混ぜる

その他

使い方のポイントと注意点

粘土質等で土が固い場合は、良質な堆肥(牛ふん・腐葉土等)を足してお使いください。極端に水はけが悪い土壌や排水環境が整ってない土壌では、効果を発揮できない場合があります。

土壌改良の効果を継続させるポイント

天然活性液「バイオゴールドバイタル」は土壌の有効菌の働きを活発化させます。土壌改良後、定期的に散布すると増殖した有効菌がますます元気になります。

開封後の保管方法について

直射日光・高温多湿を避け涼しい所に保管してください。雨などの水気は入らないようにしてください。ときどき手でほぐすようにぜんたいを混ぜたり、袋は密封せずに空気が入る状態にしたり、重ね置きをしないでおくと、有効菌が過ごしやすい環境ができます。

幼児・子供の手の届く所やペットのそばに置かないようにして下さい。空き袋も危険が伴いますのでご注意ください。

品質には問題ありません

天然素材の性質上、色や形にばらつきがあります。また表面に有効菌が現れ、白くなることやカビのように見えるものが現れる場合がありますが、品質に問題はありません。

薬剤・防腐剤をいっさい使用していません

薬剤や添加物は使わずに丁寧に熟成させていますので、環境等によりカビが発生したり、キノコが生えたりすることもあります。植物や土壌を活性化させる肥料の醸成菌により、肥料の粒の表面が白っぽくなる場合があります。特有のにおいを放つこともあります。いずれも品質には問題ありません。
>>より詳しくはこちら

関連製品

バイオゴールドバイタル バイオゴールドバイタル

艶のある葉、活力のある根へ。ダメージに強く、健やかに育てる天然活性液です。

バイタルV-RNA バイタルV-RNA

植物が弱った時の救世主。手放せないというプロも続出。日照不足・思わぬ落葉・酷暑ケアなどに。

バイオゴールドオリジナル バイオゴールドオリジナル

バイオゴールドのラインナップ内で最も基本となる肥料。すべての植物に簡単にお使いいただけます。

バイオゴールドセレクション薔薇 セレクション薔薇

バラの生育にあわせ成分と溶け具合を調整してある追肥。咲き疲れしない株を作ります。

関連質問

Question1
「植えてある場合」の使い方に書いてある時期以外にも与えていいですか。
Answer

適期以外に与える場合は、根を傷つけないよう土の表面だけ掘って混ぜてください。

基本的な与え方として、株周り根を切りながら数カ所穴を掘り、掘った土と大地肥をよく混ぜ合わせるとしています。この理由は古い根を切ることで活性効果を高めるためです。植物によって根を切っても大丈夫な時期が異なります。そのため、落葉樹やバラは休眠する時期に、常緑樹は根が動き出す少し前を目安に案内しています。
Question2
使用期限はありますか。
Answer

使用期限はありません。

しかし、腐植物のため、年月の経過とともに分解がすすみ細かくなります。1年以内くらいに使い切っていただくのがおすすめです。気温が高い時期は保管中にカビや臭いが出やすくなることがあります。
Question3
鉢の植え替えにも使えますか。
Answer

はい、お使いいただけます。

12号以上の鉢は、地植えと同じで3〜5リットルを目安に、小さい鉢の場合は元の土の3割程度の大地肥を混ぜてください。
Question4
冬は積雪が1m以上あり、地植えは土を掘ることができません。いつ施したら良いですか。
Answer

雪が降る前、または翌年の雪解け後に行ってください。

Question5
大地肥を混ぜて植えた後、追肥は必要ですか。
Answer

はい、必要です。

大地肥で土壌が改善されると、植物がぐんぐん育つようになり、生育のためのエネルギー(追肥)も必要になります。
Question6
植え替えや根切りができない鉢への使い方を教えてください。
Answer

鉢土の上に1cm程度、大地肥を敷き詰めてください。

量の目安としては、5号鉢で200〜300mlほどです。ウォータースペースが少なくなり、大地肥が溢れることがあります。下の土の水はけがスムーズではない場合、水が溜まりやすくなりますのでご注意ください。
More
▲トップへ戻る

FAQ

よくある質問

FAQ
Mail Magazine

Mail Magazine

バイオゴールドメルマガ登録

Contact

お問い合わせ

製品についてお気づきの点や、使い方についてのご質問、
環境にあった土作りについてなど、お気軽にお問い合わせください。


top