INLIVING 観葉植物の土

湿気を逃がし 根腐れを防ぐ植物用土

INLIVING 観葉植物の土

こんなときに使ってほしい。

観葉植物の植え替え
室内植物の植え替え
インテリア植物の植え替え

スペック

容量 / 価格 3号鉢 5号鉢 8号鉢 10号鉢
2L 1,760円
(税抜価格1,600円)
約6鉢分* 約2鉢分*
10L 4,290円
(税抜価格3,900円)
約30鉢分* 約10鉢分* 約2鉢分* 約1鉢分*
*上記の容量目安は鉢の形状によって異なりますのでご注意ください
適 用
観葉植物/室内植物/インテリア植物
原材料
天然素材100%
天然多孔石、硬質鹿沼土、超硬質多孔白土、炭

特徴

OMJ評価資材 有機JAS別表1適合資材

OMJ評価資材は、(一社)有機JAS資材評価協議会によって、化学合成された肥料・農薬を使用しない「有機JAS農産物」の栽培で使用可能と評価された資材です。

100% 天然素材配合の植物用土

植物の生育に重要な団粒構造を大事にしているから水や空気の通り道ができて、植物の根が元気に育ちます。
清潔感があり、室内やテラス、エントランスなど、人の集まる場所でのお育てにも適しています。水はけ・通気性・雑菌の繁殖を抑える水質浄化効果を強化した配合なので、根腐れの心配がより軽減できます。
原材料は国内産の本物の土を使用しています。硬い素材なので、使い続けても微塵になりにくい土です。肥料や活性液もバイオゴールド製品をお使いいただければ土が固くなることもありませんので、捨てずに繰り返しお使いいただくことができます。

室内で使いやすい

熱処理している素材が多く、有機物(腐葉土、牛ふん)を含みませんので、コバエなどの虫が寄り付きにくい土です。
開封時に粉が出にくいように水分量を調整してパッケージしています。
光を反射しやすい色見の土なので葉に光が当たりやすく、室内でも日照不足の心配が少なくなります。

植え替えがポイント

観葉植物を育てる上で、重要なポイントになるのが土です。湿気が土の中にこもると根腐れを起こす場合があります。根腐れを防ぐには、水はけ・通気性が良く、湿気を逃すことができる土に植え替えることが大切です。

植え替え方法

植え替え前に根の手入れをする

1:鉢から出し、根についた土をほぐして落とします。

2:古い根や傷んだ根を切り取り除きます。

植え替え方法

根についた土(根鉢など)をほぐして落とします。細い根や茶色く古い根は剪定して取り除きます。太い根を傷つけないようにしましょう。

【手入れポイント】
植え替えの数日前から水やりを控え、土を乾かし気味にしておくと根から土を取り除きやすくなります。

観葉植物の土で植え付ける

3:土を鉢の半分程入れて植物の位置を決めます。

4:鉢のふち*から2~3cm下まで土を入れ完了です。

植え替え方法

鉢に鉢底ネットまたは底石をしき、土を半分ほど入れます。観葉植物を入れ、植え位置を決めて残りの土を入れます。最後にたっぷり水やりをして植え替え完了です。(鉢底から茶色い水が出なくなるまで水やりしてください)

【植え付けポイント】
根の隙間には土が入りにくいので、スティックでつついたり、鉢を揺らして隙間にも土をしっかり入れましょう。

※ウォータースペース確保のため。(高さは鉢の大きさにより加減)

効果的な使い方
効果的な使い方

植え付け時に「クラシック元肥」を入れる
しっかり根を張らせるため、クラシック元肥を使用量目安の1.5倍程度使用してください。

植え穴に入れることで深く根を張らせたり、素早く発根させるのに効果的です。
室内の場合、クラシック元肥を土の表面に出ないようにすると、有機質を好むコバエの寄りつきを軽減できます。

その他

繰り返しの使い方

1.土をほぐす:根鉢の土をほぐして乾燥させます。

2.土を整理する:土に混ざっている根の塊や太い根を取り除きます。

3.ふるいにかける:網目1~2mmのふるいにかけ微塵を取り除きます。

※目減りなどで土を足す場合には、観葉植物の土をお使いください。他の培養土とは、混ぜないでください。繰り返し使えなくなります。

>>動画で土の再利用方法(リユース方法)を見てみる(YouTubebが開きます)
※動画で使用しているのはバイオゴールドの土ストレスゼロですが、やり方は同じです。

はじめてでも 水やりかんたん

土の乾きが見えやすい素材を採用しています。黄色い土粒が白っぽいときは乾き気味です。黄色い土粒が黄色く目立つときは湿潤ありです。表土が乾いたら、鉢底から出るまで水やりします。植物の種類、生育、気候により土の乾き具合は変わります。植物にあったタイミングを見つけてあげてください。

使用上及び保管上のご注意

天然素材の性質上、色や形にばらつきがあります。/植物を育てること以外に使用しないで下さい。/環境・管理の仕方などにより効果の出方は異なります。/改良のため予告なく内容物等を変更する場合があります。/肥料分は含みません。生長させるために元肥・追肥を施してください。/直射日光・高温多湿をさけ涼しいところに保管して下さい。/幼児・子供の手の届く所やペットのそばに置かないようにして下さい。【警告】空き袋は窒息などの危険が伴いますのでご注意下さい。開封・保管時に上部の留具でケガをしないようにご注意ください。上部留具は「金属」です。

薬品処理していない天然素材のみを使用しているため、環境等によってカビが出ることもあります。植物の生育には問題ありません。
>>より詳しくはこちら

関連製品

クラシック元肥 クラシック元肥

植え付け・植え替えの際に土に混ぜる元肥。地植えはもちろん鉢植えにもお使いいただけます。植物全般OK!

バイオゴールドバイタル バイオゴールドバイタル

艶のある葉、活力のある根へ。ダメージに強く、健やかに育てる天然活性液です。

バイタルV-RNA バイタルV-RNA

植物が弱った時の救世主。手放せないというプロも続出。日照不足・思わぬ落葉・酷暑ケアなどに。

ヴィコント564ネオ ヴィコント564ネオ

植物細胞のエイジングに着目した液体肥料。真の鮮やかさ、強さを目覚めさせ、生育を加速させます。

関連質問

Question1
「繰り返し使える」とありますが、捨てることはないのですか?
Answer

捨てる必要はありません。

硬くつぶれにくい土なので、水はけや通気性、保水力が長期間維持できるので繰り返しお使いいただくことができます。
Question2
使用期限はありますか。
Answer

使用期限はありません。

分解する素材を含みませんので、ご購入時に極めて近い品質が長期維持されます。
Question3
「バイオゴールドの土 ストレスゼロ」との違いはなんですか?
Answer

主に根腐れのしにくさ、室内での使いやすさに違いがあります。

観葉植物の土は水はけ・通気性・雑菌の繁殖を防ぐ水質浄化効果を強化しているため、より根腐れを起こしにくい土です。また、使用時に粉が出にくいよう水分量を調整してパッケージされています。
More
▲トップへ戻る
Prosite

Prosite

業務用製品・サービスのご案内

FAQ

よくある質問

FAQ
Mail Magazine

Mail Magazine

バイオゴールドメルマガ登録

Contact

お問い合わせ

製品についてお気づきの点や、使い方についてのご質問、
環境にあった土作りについてなど、お気軽にお問い合わせください。


top