植物名 クレマチス(冬咲き)
  • 学名  Clematis  
  • 和名  -  
  • 科名  キンポウゲ科  
  • 属名  センニンソウ属(クレマチス属)  

特徴

分類
草花 庭木
形態
多年草,つる植物
草丈/樹高
100~300cm以上(つるの長さ)
原産地
北半球

クレマチスは花形、花色、葉、花後の姿などが品種によって様々あります。多くのクレマチスは冬は葉を落とし休眠しますが、冬に花を咲かせるタイプもあります。落葉性の品種と、常緑性の品種があります。このページでは、一季咲き性で冬に開花するクレマチスの育て方を掲載します。冬咲きクレマチスの代表的な品種は、シルホサ系のウィンター・ベル、ジングル・ベル、日枝などです。 クレマチスは品種を問わず、根を切られることを嫌います。植え替え時は根を傷つけないよう注意してください。また、移植も嫌います。地植えにする場合は、植え付ける場所をよく考えてから行ってください。植え付けの際は、つるを二節分は土中に埋め深植えにすることで立ち枯れ防止になります。冬に与える寒肥は、土の表面に施す程度にしてください。

育て方カレンダー

関東地方以西平野部の場合
*開花期・収穫期は品種によって異なります
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花期

追肥

元肥

活性液

ニーム

植え替え
(常緑)

植え替え
(落葉/開花中NG)

おすすめの土

バイオゴールドの土ストレスゼロ

清潔感も、美しさも、手触りも、今までにない心地良さ

従来の土に必要不可欠だった腐植物(腐葉土など)を配合しなくても、植物を育てるための用土として今まで以上のメリットをもった土。新鮮な空気をたっぷり保持し、水質浄化機能も持ち合わせ、高温多湿や根ぐされに負けない、強い根が張れる環境を維持します。暑さ・反射熱・蒸れなど厳しい環境で大活躍。(*6号鉢以上の鉢を推奨)

バイオゴールドの土

森の土が手本。自然環境に極めて近い性能をもつ土

赤玉土や腐葉土など厳選した天然素材を、バイオゴールド独自の配合割合と技術により混ぜ合わせた土。水がすっと抜けて、新鮮な水・空気を根に供給。保水力、保肥力にも優れているので、植物がしっかり生育できる土です。混ぜている腐葉土などの堆肥は、薬品を使わずじっくり丁寧に時間をかけて熟成・発酵を重ねているので、生育に欠かせない有効菌が豊富に含まれています。何度でもくり返しお使いいただくことができます。(*6号鉢以上の鉢を推奨)

おすすめの肥料・活性液

クラシック元肥

すべての植物の植え付け・植え替えに。鉢植えにもOK

根を張らせる効果が高い肥料。バイオゴールド独自の純菌発酵で、時間をかけ丁寧に熟成しているため、根に触れても大丈夫です。土壌改良効果も高く、土壌の微生物の活動を促進させ、新しい根を増やし、養分の吸収率も高めます。

バイオゴールドオリジナル

シンプルに育てるなら

すべての植物に使える基本の肥料。チッソ・リン酸・カリだけではなく、豊富な天然ミネラル類をバランス良く含みます。厳選した厳選天然材料をバイオゴールド独自の純菌発酵で、時間をかけ丁寧に熟成させているので、与えすぎても植物を傷める心配がありません

ヴィコント564ネオ
バイオゴールドバイタル

より早く株を育てるなら

固形タイプの追肥に加え、液体肥料「ヴィコント564ネオ」と活性液をプラスすると株が充実するのが早くなります。活性液は「バイオゴールドバイタル」を「バイタルV-RNA」に置き換えていただいてもOKです。どちらの場合も、混合してお使いいただくことができます。

ヴィコント564ネオ
ヴィコント064

花数をさらに増やすなら

固形タイプの追肥に加え、液体肥料「ヴィコント564ネオ」と液体補助肥料「ヴィコント064」を与えると、株が充実し花数が圧倒的に増えます。「ヴィコント564ネオ」と「ヴィコント064」は、1週ごとに交互に与えると無駄なく栄養分を吸収させることができます。また各々は、活性液と混合散布すると成分の吸収がより高まります。

Prosite

Prosite

業務用製品・サービスのご案内

FAQ

よくある質問

FAQ
Mail Magazine

Mail Magazine

バイオゴールドメルマガ登録

Contact

お問い合わせ

製品についてお気づきの点や、使い方についてのご質問、
環境にあった土作りについてなど、お気軽にお問い合わせください。


top