土壌改良・樹勢回復で30年《天然有機肥料バイオゴールド》株式会社タクト

お電話でのお問い合わせ 0276-40-1112

薔薇の土

最愛の薔薇に、最高の選択〈ダイレクト販売限定〉

パッケージ容量について

容量/ 価格 15L
4,500円+税
 
8号鉢 約3鉢分*  
10号鉢 約1.5鉢分*  
  *上記の容量目安は鉢の形状によって異なりますのでご注意ください
適用 バラ全般/しっかり育てたい植物 地植えを含む8号鉢以上の鉢を推奨しています
※らん・サボテン・多肉植物などは除く
原材料 国産天然材料100%
天然多孔石+数種の特性の異なる土×高品質腐葉土×超硬質多孔白土×バイオゴールドの炭
製法 ナチュラルブレンド製法

こんな場合におすすめ

  • 特に大切なバラに

特 徴

肥料効果を最大限に発揮

天然有機肥料・活性液をつくりつづけてきたバイオゴールドだからこそできる肥料効果を最大限に引き出し、植物に最良の生育をもたらす本物の土です。バイオゴールドには、「薔薇の土」のほか、「バイオゴールドの土」「バイオゴールドの土ストレスゼロ」があります。 どの土にも共通していることが、国産天然材料100%、保肥力・空気持ち・水はけに優れ、くり返し何度でもお使いいただけることです。

時代は"知性を持った土" へ

圧倒的な根張り、花つき、花の大きさ、花びらの枚数、そして新機軸による多才な機能。長期にわたってレディーメード用土の頂点に立ってきた「バイオゴールドの土」をすべての面で上回り、"知性を持った土"へと大きく進化しました。「薔薇の土」は、大自然とバイオゴールドR&Dセンターの技術力によって生まれた、時代を先取りした用土です。今までの常識を一新する機
能と実力で、あなたと、あなたの最愛の薔薇に、この上ないラグジュアリーな時間を提供します

スペシャルコンテンツを見る

鉢の環境は土に任せる

先進の高機能が、鉢中の環境を守ります。強い株だけではなく、弱々しい株も見違えるように育てます。
【養水分調整】水を浄化し、肥料の効きを常に適切になるよう調節。肥料の持続性も長くなります。
【空気供給】すぐれた透水力が新鮮な空気をたっぷりと供給。「バイオゴールドの土」よりも、さらに強烈な根張りを実現します。
【雑菌抑制】雑菌の繁殖を抑制するので、根腐れに強くなります。

安心素材が生む"この上ない贅沢"

【国産天然素材100%】厳選に厳選を重ねた最高素材の中から、保湿・ 透水・通気性に最も優れたものを精選しました。各材料とも、上級部分だけを使用。主要材料は、すべて高温処理済みで清潔です。
【植え付けもさらっと爽快】すぐれたものは、手触りも新鮮です。根と根の間にも"スッ"とすばやく入り込み、短時間で爽快に植え付け・植え替えをすることができます。
【陰の存在でも美しく】最高の素材を追求すると、見た目も美しくなりました。この上ない贅沢が生み出したプロポーションは、どんな薔薇でも引き立てます。

エコロジーも万全

芯の強い粒立ちの土を採用したことで、根や水圧などによる粒崩れを大幅に削減。「バイオゴールドの土」よりも、 リユース率が格段にアップしました。もし土が不要になった際は、国産天然素材100%なので、環境を汚染することなく大地に戻すことができます。

バイオゴールドだからこそできる団粒構造設計

天然素材はとてもデリケート。だから、非効率ではあるけれど大量生産ではなく、人の目が行きわたる少ない量で生産をしています。優しくていねいに混ぜ合わせているので、土の粒がつぶれず、自然がつくり出した精巧な土の形状を維持することができます。こうした生産方法が、根に新鮮な空気と水を供給する団粒構造設計の土を実現させています。

使用方法

鉢植えの場合も、地植えの場合も、土にクラシック元肥を混ぜてください。混ぜ方は次のどちらでもOKです。植える前に元肥を土全体と混ぜる、または、植えるときに元肥を植え穴に入れる。元肥の量は植物の種類や大きさによって異なりますので、クラシック元肥のページでご確認ください。>>クラシック元肥

植えつけ後は、すぐに水をたっぷりと与えてください。(土の湿潤が極めて少ない状態でパッキングされています。根の乾燥防止のため、植え付けが完了したら素速く水やりをおこなってください。あたえる水の量は、鉢底から土色の水が流れ出なくなるまでが目安です。)

【庭・花壇の土質改善に使う場合】
まず、ものとの土をできるだけ多く取りのぞきます。その際には、粘土のかたまりや砂を残さないようにするのがポイントです。次に、取り除いたところにクラシック元肥を混ぜた新しい土を入れます。やむを得ず、もとの土が残る場合、その土と新しい土を混ぜ合わせてお使いください。その際は最低限3割は新しい土になるようにします。新しい土に入れ替える量が多いほど効果が高まります。

使い方のポイント

くり返し使える土の特性をいかすためにも、他の培養土は混ぜないでください。 また、土の有効菌を育てるためにもできるだけ化学肥料はお控えください。

土のメンテナンス方法 〈鉢・コンテナ・プランターなどの場合〉

植え替え時などにおこないます
〈1〉乾燥させ古い根などを取り除く(2)ふるいにかけ微塵(みじん)を取り除く(3)適量のクラシック元肥と土の量に対し2〜3割ほどの腐葉土と、少々の牛ふん(5リットルに対し一握り程度)を加えて混ぜてください。

土のメンテナンス方法 〈庭・花壇の場合〉

植物を植えるとき、または1年に1回程度、適量のクラシック元肥と良質の牛ふん・腐葉土を追加してください。

開封後の保管方法について

直射日光・高温多湿を避け涼しい所に保管してください。 幼児・子供の手の届く所やペットのそばに置かないようにして下さい。空き袋は窒息の危険がともないますのでご注意ください。

その他

天然素材の性質上、色や形にばらつきがあります。また土の中や表面に有効菌が現れ、白くなることやカビのように見えるものが現れる場合がありますが、品質に問題はありません。

薬剤・防腐剤をいっさい使用していません

薬剤や防腐剤を使用しないため、製品の開封時や保管中あるいは使用中・使用後に、有効菌が活発になりカビのようにみえたり、自然にちかい環境が築かれることで有機物を好むミミズやモグラなどの動物やコバエなどの虫が寄りついたりする場合もございます。>>より詳しくはこちら

関連製品